婚活自己PRの書き方

最初から実際にお会いすることのないネット上での婚活では、自己PR・プロフィール・顔写真などがあなたの人となりを表現する大切な材料となります。

自己紹介文てムズカシイ

婚活パーティーやお見合いでは、実際にお会いした際の第一印象が大切ですが、ねこんかつと呼ばれるネット婚活では自己PR文こそがあなたの第一印象を決めてしまいます。

第一印象が良くないとそれだけ出会いの数も減ってしまうので、注意して書きあげる必要があります。

 もちろん、長文でビッシリ書きあげれば良いというものでもありません。

相手に伝えたいことを分かりやすく書くことで、読みやすい自己PR・プロフィールとなり交換度も上がっていきます。

それでは婚活で成功するための自己PRやプロフィールの書き方について、詳細を解説していきたいと思います。

◆初めて婚活する場合

初めて婚活をするという方が自己PR文やプロフィールを書く場合に、最も注意する必要があることは「両極端」は避けるということです。

自己紹介文を考えている女性

例えば文章量。

最初の婚活ということで気合いを入れて自分のことを知ってもらおうと、一生懸命長文を書いてしまう方がいます。

無意味に長い文章は読みにくく相手に伝わらないだけでなく、「くどい人かも!?」「押しが強いかも!?」とあらぬマイナスポイントを相手に与えてしまいかねません。

逆に文章量が少なすぎる方も多いようです。

自己PR欄に「よろしくお願いします!」だけでは、あなたの人となりが全く分かりません

婚活サイトにはたくさんの会員さんが登録しているので、そんな淡白な自己紹介文では全く記憶に残りませんし、さっさとスルーされてしまうことも多いでしょう。

シンプルで読みやすいけど、どんな人が書いているのがしっかりと分かる文章を書くように心掛けてみましょう。

 

◆婚活が上手くいっていない場合

パソコン疲れの女性

婚活をスタートさせたはいいものの、あまり上手くいっていないという方も自己PR文を見直してみる必要があるかもしれません。

よくある失敗例としては、書きたいことがたくさんあって全てを書こうとしているケースです。

文章量が多くスペースにびっちり文字が書かれていては、途中で読み飛ばしてしまわれることになりかねません。

文章は長ければ良いものではなくて、読みやすく相手に伝わることが大切です。

書きたいことを絞って、そのことを相手に伝えるように丁寧に書き綴ると、自己紹介文の印象もずいぶんと変わってきます

この自己紹介が上手くいかないとなかなか出会えずに、婚活に焦りが出たり、婚活疲れを起こしたりして失敗してしまうかもしれません。

婚活で成功する自己PR文の例も紹介していますのでご参考にどうぞ。≫婚活自己PR文・プロフィール文の上達法

【スポンサードリンク】

第一印象

リアルの世界での出会いは、最初の3分間が大切!と言われています。

女性ならば最初の3分を無事演じきれば、「この人は女性らしい人だな」と第一印象を持ってもらえるのだそうです。

とにかく演じ切ることが大切で、

・柔らかく曲線をイメージしたしなやかな振る舞い
・最初の7秒で見た目が決まるので、笑顔&女性らしい服装で女性らしさをアピール
・とにかく3分間で理想の女性を心から演じ切る!

こんなことを意識しながら、女性らしさをアピールすれば好印象を持ってもらえます。

 

これはリアルでの出会いのことですが、婚活マッチングサイトの自己紹介ページにも通じることがたくさんあります。

自己紹介ページでも、やはり第一印象は大切です。

 

顔写真を掲載している場合は、一番最初に男性の注目がいくのは間違いなく顔写真です。

奇跡の1枚でもいいので、一番光り輝いている自分を掲載しましょう。

実際にお会いすることになった時は、現実の自分と写真とのギャップがマイナス要素になることもありますが、外見については後々なんとかなることが多いです。

最初のキッカケを作ることを目的とするなら、あとでガッカリされると覚悟のうえでも奇跡のワンショットを掲載してみるのも一つの手段だと思います。

 

自己紹介文にも、その方の人柄が出てくるので理想の自分を演じきって文章を書きましょう。

先ずは自分のどんなイメージを読む人に伝えたいのかを決めます

「活発」「控えめ」「ほっこり系」「天然」など自分のイメージを明確にして、文章でアピールしましょう。

この時の注意点は、自己紹介で自分のイメージは1つに絞って自己アピールしましょう。

アレもこれもと書きだすと、結局どんな人なのかイメージがわかりにくくなります。

例外として、全く逆のギャップを打ち出したい場合のに2つのイメージを盛り込んでもOK!です。

「活発だけど、寂しがり屋」「クールな性格だけど、ちょっとドジ」など、ギャップに魅力を感じる男性も多いので表現の仕方をしっかりと研究して自己紹介文で書いてみましょう。

 

とにかく自分のイメージを決めたら、どのような書き方がいいのか他の人の自己紹介文を参考にしてみることでより良い文章を書くことができます。

自分と同じイメージの人を見つけたら、どんなふうに書いているか読み込んでみましょう。

良いなって思った点や、ここはちょっと変えた方がいいかも!?って思ったことをメモっておいて、自分の自己紹介文に活かしていきましょう。

自己紹介文上達のポイントは、【他人のフリみて我がふり直せ!】です。

たくさん研究して、自己紹介文をベストに近付けるように改善していきましょう!